top of page

実践心理学「NLP」を学ぶ(心構え編)

更新日:2021年7月16日

名古屋市千種区春岡にある首の痛み、肩こり、腰痛などの痛みの治療はもちろん、小児はり、マタニティケア、逆子治療、産後骨盤矯正に力を入れているファミリータイズ鍼灸院です。


院長の舟橋は、今年から「NLP」という実践心理学を学んでいます。


NLP?なにそれ?という方がほとんどではないでしょうか?


今回は、NLPを上手に利用するための心構えがとても勉強になったので、皆さんにもシェアさせて頂きます。


目次

1 「NLP」ってなに?

2 皆さん、こんな想いありませんか?

3 NLPを上手に利用するための9つの心構え

4 おわりに


1 「NLP」ってなに?



まず、「NLP」ってなんぞやと言いますと、

Neuro Linguistic Programming( 神経言語プログラミング )の略称です。


名前の通り「神経」「言語」「反応」を扱う実践的心理学です。


起源は1970年代中頃。言語学者と心理学生の二人の研究から始まります。


「脳の取り扱い説明書」とも呼ばれ、ビジネスから教育、プロスポーツの世界のみならず、政治の分野にも広く応用されています。

(クリントン元大統領、オバマ元大統領、ダイアナ妃、マザーテレサなど、スポーツ界ではテニスのアンドレ・アガシが有名です。色んな意味で、すごい面子ですね。)


2 皆さん、こんな想いありませんか?


・コンプレックスや短所が気になる


・コミュニケーションに自信が持ちたい


・職場(上司・部下・同僚・クライアント)の人間関係、親子関係、パートナーとの関係性をより良くしたい


・なりたい理想の状態がある


・達成したい目標がある etc


こういう想いって多かれ少なかれ、誰でもあると思います。


NLPによって、「脳の思考パターン」「無意識の自分の価値観」を知ることは、自分自身が本当に望んでいる「生き方」や、より良い「コミュニケーション」を築くことにもつながるかもしれません。



3 NLPを上手に利用するための9つの心構え



心構えだけでも非常に勉強になるので、ご紹介します。


① 地図は領土ではない


1個目から「は?」となった方もいるかもしれません。


地図=現在の知覚

領土=現実そのもの

を指します。


つまり、「あなたが見たり聞いたりしているものが、万人にとって現実そのものだとは限らない。」ということです。


私たちは世の中を思い込みで見ています。

フィルターを通してしか、この世界を解釈できません。

これは、脳の情報処理にすぎません。


② 他者の地図を尊重する


対人コミュニケーションの根本条件として、相手の価値観を尊重しましょうということです。


ヒトは、自分の価値観は正しいものだと思いがちです。他者にも自分の価値観を押し付けてしまいがちになります。


コミュニケーションでは、自分の価値観をいったん横に置き、相手の価値観を尊重することが大切です。


③ コミュニケーションは反応に意味がある