産後の膝の痛みについて

ファミリータイズ鍼灸院 院長の舟橋です。


産後の骨盤矯正で通院される中で、膝の痛みを抱えていらっしゃる方も多いです。


産後ママさんは、「両膝が痛む」のが特徴的だと感じています。


一般的に膝の痛みで来院される方は、どちらか片側のみの方が多いです。


もちろん、産後の方でも片側だけの方もいますが、両膝の方が圧倒的に多い印象です。


目次

1、産後どういった時に膝の痛みを感じるか


2、産後に膝が痛む原因

 2−1、ホルモンの影響

 2−2、骨盤のゆがみ

 2−3、子どもの体重の増加


3、産後の膝の痛みを改善させるには

 3−1、身体の土台である骨盤を整える

 3−2、足関節を整える


4、さいごに



1、産後どういった時に膝の痛みを感じるか


・立ったり、座ったりするとき


・オムツ替えや床で洗濯物をたたむとき


・脚を伸ばすとき


・階段の上り降り


・子どもを抱えてあやすとき


産後の不調のなかでも、「膝の痛み」は産後すぐ痛み始める方が多い印象です。

また、左右両方とも痛みを訴える方が多いように感じています



2、産後の膝が痛む原因


「妊娠前は膝が痛くなることは一度もなかったのに。」


そんな方も多いかもしれません。


出産後に膝が痛くなってしまう原因はいくつかあります。



2−1、ホルモンの影響


ホルモンの影響で骨盤を中心に身体中の関節が柔らかく・緩くなっています。


膝の関節も例外ではありません。


特に、産後は育児などで床での作業が多くなり、膝の屈伸動作も多くなります。


緩く不安定な膝に継続的に負荷がかかれば痛めてしまう原因にもなります。


また、足関節も緩みます


そうすると、土踏まずなどのアーチ構造もくずれます。


地面からのショックを吸収するクッションが減ると、膝への負担も増えます



2−2、骨盤のゆがみ



骨盤の歪みも膝を痛める原因になります。


骨盤がゆがんでいると、股関節の動きが悪くなります。


股関節の動きに制限がかかると、膝への負担が増え、膝を痛めやすくなります。



2−3、子どもの体重の増加


産後の膝の痛みは子どもの体重も関係している!?

我が子が大きくなることで、ママの身体には負担が増えます。


抱っこひものまま、家事し続けているママも多いのではないでしょうか。


お休みの日は、抱っこや赤ちゃんのお世話をパートナーに任せて、ママの身体を少しでも休ませてくださいね。



3、産後の膝の痛みを改善させるには


3−1、身体の土台である骨盤を整える


産後の膝の痛みには骨盤を整えることが大切

骨盤を整えることで股関節から膝関節の動きも改善していきます。


当院は、「産後の骨盤矯正」を得意としております。


骨盤の開き、歪み、お身体の痛みはお任せください。



3−2、足関節を整える


産後の膝の痛みは足関節を整えることが大切

膝を曲げ伸ばしする際、太ももとすねは互いに違う方向にねじれます。


「雑巾をしぼる」イメージです。


右手と左手はそれぞれ違う方向にしぼりますよね?


足関節と股関節が正しく動かせるようになれば、膝関節への負担も減り、痛みも軽減していきます。



4、さいごに


産後の膝の痛みは、いくつもの原因が複雑に絡み合っていることが多いです。


サポーターで守ることも大事ですが、サポーターだけに頼っていても治りません。


痛い箇所だけを処置するだけでなく、骨盤や足元など身体全体を見ていくことが大切です。


当院は、産後の骨盤矯正に力を入れていますが、痛みを改善させる鍼灸院です。


なかなか治りきらない痛みもお任せください。


本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。



#産後の膝の痛み #産後 #痛み #膝痛 #産後骨盤矯正 #産後の骨盤矯正


0件のコメント

最新記事

すべて表示