【Q&A】 帝王切開でも骨盤は開くの?

更新日:10月19日


ファミリータイズ鍼灸院 院長の舟橋です。


本日のテーマは、産後の骨盤矯正に通われるママさんからよく聞かれる質問です。


A はい、帝王切開でも骨盤は開きます。


普通分娩のように産道を通して出産する分娩法ではないので、


「意外と骨盤は開いてないんじゃない?」


と考えていらっしゃる方も多いと思います。


ですが、普通分娩と同様に開いています


私の経験上、帝王切開のママさんの方が骨盤まわりの状態が良くない印象を持っています。(あくまで個人的見解です。)


帝王切開の場合でも、臨月を迎えるまでは赤ちゃんが大きくなっていくことは変わりありません。


身体自体は出産準備の為、リラキシンというホルモンの働きで骨盤を広げていきます。



帝王切開では、下腹部を横か縦に切開していきますよね?


人間の身体は、筋膜(筋肉を包む膜)でウェットスーツのように覆われています。



筋膜を切開することで、前後(お腹と背中)のバランスがくずれ、長引く不調の原因にもなり得ます。


また、切開した傷口と組織がくっついてしまう「癒着」が起こっている場合もあります。


癒着が起こっている場合、体液循環が悪化している可能性もあるため、むくみや冷えなど骨盤周りの状態が改善しにくい状態になります。


帝王切開で出産された方こそ、産後の骨盤矯正で骨盤まわりを整えることが大切になってきます。


※注意※

帝王切開でご出産されたママさんは、必ず傷口の痛みが落ち着いてから、骨盤矯正を受けてくださいね!


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。



#帝王切開 #産後 #腰痛 #お腹 #引き締め #骨盤 #産後骨盤矯正 #産後ケア #ファミリータイズ鍼灸院 #名古屋市 #千種区

0件のコメント

最新記事

すべて表示