top of page

腸とストレス 〜東洋医学的観点から〜


腸とストレス

ファミリータイズ鍼灸院 院長の舟橋です。

最近、私も「腸活」を始めまして、自分の体で色々試しています。


今回の内容は、「腸とストレス」について


腸はとてもデリケートです。特にストレスが絡むと、便秘や下痢などの症状を起こします。

過敏性腸症候群(IBS)などもこの症状に当てはまります。


では、東洋医学では上記の症状をどう診るのか。さっそく見ていきましょう!



1、腸とストレス〜疏泄・運化がキーワード〜


よどみなく目的地まで巡らせる

「疏泄」は、肝の機能

「運化」は、脾の機能を指します。


1−1 「疏泄」とは、よどみなく目的の場所に巡らせる機能


「指を動かそう!」 と思えば、その意志は指先まで至り、動かすことができます。


「あれを見よう!」 と思えば、その意志は目までスッと至り、見ることができます。


「排便したい!」 と思えばスッと排便できます。


肝の疏泄が正常ならば、全身の気や血流のめぐりが順調で、感情・情緒が安定します



1−2 「運化」とは、飲食物・栄養分・体液を全身に染み込ませる機能


腸でいうところでは、ジワジワと肛門に向けて動かす力のことです。雨が降ると土に染み込み、植物の深い根があるところまで染み込むイメージをしていただければ良いと思います。



1−3 「運化」には、体液の代謝を維持する機能もある


運化には、体液をむやみに外に漏らさない働きもあります。つまり、水を留める力

植木鉢の土は水をしっとりと含み、流れ落ちてきません。それは、土が適度に柔らかいからです。ジャージャー流れ出たり、ポタポタと落ちたりするのは、この運化機能の弱りです。砂土だと流れ落ちます。粘土だと溢れ出ます。脾は土に例えると理解しやすくなります。



2、ストレスがあると便秘になる?下痢になる?


ストレスがあると便秘になる?下痢になる?

2−1 肝からみた腸のトラブル


先ほど説明したように、肝には「疏泄」という機能があり、

それは「よどみなく動かし進むこと」です。


進む方向が正しければ、肝が正常であるということです。

進む方向が誤っていれば、肝が異常であるということです。


この異常は、イライラ(怒り)、クヨクヨ(悩む)という感情により引き起こされます



2−2 正しい疏泄と誤った疏泄


車が一定の速さでサーキットコースをスムーズに走る様子をイメージしてください。

これが正しい疏泄です。途中で行き止まりがなく、無限に進むことができます。


車は、進む方向が間違っているとサーキットの周回からコースアウトします。

はみだした道は、一時的に「A:楽に進める」ように思えても、いずれ壁にぶち当たり「B:行き止まりになる」という結果を来します。

これが誤った疏泄です。誤った疏泄は、誤った方向にスッと進んでしまいます。



2―3 疏泄太過(そせつたいか)と疏泄不及(そせつふきゅう) 


「A:楽に進める」状態を疏泄太過といいます。

スピードオーバーによるコースアウトです。

「よどみなく動かし進むこと」が変な方向に狂います。


「B:行き止まりになる」状態を疏泄不及といいます。

いわゆるクラッシュです。

「よどみなく動かし進むこと」ができなくなります。


疏泄太過によって、下痢が出ます。

疏泄不及によって、便秘となります。



2−4 肝から脾への八つ当たり


異常な肝は、誤った方向に疏泄 (八つ当たり) しますが、最も影響を受けやすいのは「脾」です。


肝気横逆」という言葉があります。肝のすぐ「横」には脾があります。

この脾を、肝は助けるのが「順」です。仮に、脾が妻で、肝が夫と考えてみましょう。


これを「逆」に攻撃してしまう。これが肝気横逆です。

その結果として生じた肝実脾虚の病態を「肝脾不和」といいます。


もともと肝には、「よどみなく動かし進む機能」があります。

これが狂うと、よどみなく動かしてはならないところを「よどみなく」行います。

すぐそばにいるパートナーに、よどみなく拳をあげる。ためらいなくDVを行なう。


ここで、脾がそれを阻もうとする。すると肝の八つ当たりはできなくなり滞ります。

それが「疏泄不及」です。便秘になったりします。


もし、ここで脾がそれを阻めない。すると「よどみなく動かし進む機能」が負の力として作用し、よどみなくお腹が通る「下痢」になります。


前者は、脾が押さえつけられています。

後者は、脾が機能しなくなっています。



2−5、脾から見た腸のトラブル


脾の運化機能には、 「動かす力」と「留める力」がありました。肝はこれを攻撃し、弱らせます。


1.留める力が弱まると、ダダ漏れ(下痢)になります。

2.運化は (大便が肛門に向かって) 進む力が弱まると、便秘になります。



 

いかがでしたでしょうか。


今回は、腸とストレスについて、東洋医学的な「肝」と「脾」に焦点をしぼって説明しました。


ストレスが長引くと、体が傷つきます。その傷口がふさがらない状態だと、些細なことが大きく心にダメージを与えます。その大きなストレスが、さらに体に負った傷口を広げるのです。


このような悪循環を断つためには、体から治療することが近道となる場合があります。


もちろん、心からアプローチするほうが近道の場合もあります。


心と体は陰陽で、どちらに偏っても良い治療とは言えません。


気持ちの問題としてのストレス、そしてそれが体とどのように関わり合うのか「心身一如」です。


なかなか治らない下痢や便秘でお悩みの方は、

名古屋市千種区春岡のファミリータイズ鍼灸院にご相談ください。


過敏性腸症候群(IBS)に関しては、



本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

0件のコメント

Commenti


bottom of page