top of page

疲れが取れない!原因は副腎?副腎疲労には鍼灸治療

更新日:2021年10月1日

ファミリータイズ鍼灸院 院長の舟橋です。


こんなお声をよく聞きます。


「疲れがなかなか取れない。」

「何かをする気力がわかない。」

「体調がすぐれない。」

「無性にイライラする!」

「気分が急に落ち込む・・・」


このような「何となく体調が悪い」症状を抱えている人は、多いのでないでしょうか。


前回は「何となく体調が悪い」原因を「自律神経」の側面からお伝えしましたが、

今回は「副腎疲労」という観点からお伝えしたいと思います。


目次

1、まずは、副腎疲労チェック!


2、「副腎」ってなに?

 2−1 そもそも、どんな臓器?

 2−2 どんな働きがあるの?


3、副腎疲労の3つの原因

 3−1 ストレス

 3−2 慢性炎症

 3−3 偏った食事


4、副腎疲労に陥りやすい人とは?


5、副腎疲労に対してのファミリータイズ式の鍼灸治療




1、まずは、副腎疲労チェック!


以下に該当するものありますか?


・朝起きるのがつらい


・熟睡できず、目覚めても疲れが取れない


・夜間の食いしばり


・小さなことでもイライラする


・気分が落ち込む、うつっぽい


・甘いものや塩分濃いものが好き


・コーヒーやチョコレートを口にしないとやる気がでない


・風邪や呼吸器の感染症がなかなか治らない


・性欲が低下している


・PMS(月経前症候群)が悪化している


・集中力が低下している


・物忘れが多くなった


これらに該当する方は、「副腎疲労」の可能性があります。



2、そもそも「副腎」ってなに?


2−1、どんな臓器?



身体の背面には、左右一対の「腎臓」があります。


「副腎」はその腎臓の上に乗っている小さな臓器です。


右は、ピラミッド型の形をしていて、左は半月状です。


幅は2~3センチ

厚さ6ミリ程度

重さは一つ3~5グラム


皮質と髄質の二層構造で構造の8割を皮質が占めています。


「まんじゅう」に例えると、


皮の部分が、副腎皮質

あんこの部分が、副腎髄質


すごく生地が厚くて、あんこの少ないまんじゅうをイメージしてください。


副腎は、ホルモンを分泌する器官です。


副腎皮質では、コルチゾールというステロイドホルモンが作られます。


副腎髄質では、神経細胞の興奮を他の神経細胞に伝える神経伝達物質が作られます。

アドレナリン、ノルアドレナリンがあります。


2−2、どんな働きをするの?


副腎の働きは、